コロナ禍の中で迎えた2回目のゴールデンウィーク。計画通りに過ごせなかった人も多かったかもしれません。そんな思いを代弁するかのような、うさぎさんの画像がSNSで大注目されました。

「←GWの計画を立ていた頃」「→現実」という文言とともに、前者はウホホーイ!とぴょんぴょん飛びはねる姿が、後者は頬をぺたっと床につけてずるずるっと横たわる姿が映し出されています。「今まさに」「わかりみが深い」と悲しみの賛意が寄せられました、…が!とにかく!うさぎさんは可愛くて癒されますよね…!

 投稿したのはうさぎのあめ(@amenochiusagi)さん。5月1日に投稿されたツイートには8日現在9.7万件のいいねがつきました。ふわふわもこもこの姿と黒い瞳がキュートなあめくんは、ネザーランドドワーフという品種のうさぎさんで、もうすぐ1歳になる男の子です。写真を撮った時の状況を飼い主さんにお聞きしました。

――あめくんはどんなうさぎさんですか。

今の新居に引っ越しをする際に、うさぎさんをお迎えしたいねという話になり、向かったうさぎ専門店であめに一目惚れをしてしまい、お迎えを決めました。好奇心旺盛な性格で、新しいものを見つけると我先に駆け寄ってお鼻でつついたり、クンクンとにおいを嗅ぎ回ったりしています。好きな食べ物は乾燥させたイチゴです。

――今回のツイートはなんとも可愛らしいビフォーアフターです。

もともと私たち飼い主2人でGWの計画を前もって立てていたのですが、コロナの感染状況がだんだんと悪化してしまい、やむなく計画を断念したことが始まりです。私たちの他にも同じ境遇の人がたくさんいるだろうなと思うとやるせない気持ちになり、もっとたくさんの人に共感してほしいと思い投稿しました。投稿した写真はどちらもステイホームであめと部屋で遊んでいた時の写真です。

――ツイートに「ほんとにこれ」「分かる」と反響が寄せられましたね。

たくさんの人に共感をいただき、とても嬉しく思っています。来年こそは充実したGWを過ごしたいです。

   ◇   ◇

普段のあめくんは「本当に元気いっぱいで、感情表現も豊かなうさぎさん」なのだそうです。「遊ぶときは飼い主のことなんておかまいなしに飛び跳ねるように駆け回り、遊ぶことに疲れたらようやく飼い主の隣に寄ってきて目一杯甘えてくれます。そのギャップがまたたまらなく、私たち飼い主は毎日あめにメロメロになっています」(飼い主さん)。

タイムラインにはお気に入りのタオルをとられて拗ねちゃったり、無防備にころん、と横たわってすやすや眠る姿など、日々、可愛らしいあめくんの様子を見ることができます。ぜひ、こちらも見てみてくださいね。

(まいどなニュース特約・山本 明)