「トングで挟むと喜ぶのだ」と、 真新しいトングでお尻を挟まれ、満足そうな顔をする愛猫の姿をツイッターに投稿した、あめさん (@gentlerain0)。「猫はお尻をとんとんされると喜ぶ」というのはよく知られていること。しかし、まさかのトングで挟んで欲しがる猫ちゃんの姿に、驚きと爆笑のリプライが集まりました。

「むっちゃかわいいwww なぜww」
「つままれましたにゃん(=^・^=)」
「トングの当たる場所が気持ちいいのかも」
「尻尾の付け根周りは猫の性感帯」
「お尻とんとんに変わる新しいジャンルですか?♡」
「前世がエビフライ説」
「これから食べられることも知らずに」
「トングならある!と勢い込んだものの、猫がいないのである(´・ω・`)」

トングで挟まれて喜ぶ猫ちゃんは、6歳になるアメリカン・ショートヘアの男の子、ゾーイくん。いったいなぜ、ゾーイくんはトングで挟まれて喜んでいるのか? 飼い主のあめさんに真相をうかがいました。

「この日、ネット通販で購入したトングが届いたのですが、箱を開けてトングを取り出していると、離れた所にいたゾーイが、”にゃにゃにゃーん”と言いながら近寄ってきたんです。そのままトングをジーッと見ていたので、なんとなく、そっとお尻を挟んでみたんです。

お尻がちょうど挟みやすかったからなのですが、挟んだ瞬間は普通に両腕両脚で立っていたのが、だんだん前脚を曲げて、おしりだけを上げた状態になっていって……。なんだか喜んでるみたいでした」(あめさん)

ゾーイくんはトングで優しく挟まれている最中、グルグルと嬉しそうな声で鳴いていたそうです。そんなゾーイくんは、かくれんぼと、飼い主さんからなでられることが大好きなのだとか。

「物陰に隠れてるのを気づいてないふりをしながら、”ゾーイ、どこにいますか?”と言いながら部屋をうろうろしていると、物陰からサッと襲いかかってきて、その後また別の場所に隠れるのでまた探して……を繰り返します。なでられるのが大好きなので、姿が見えない時は、”なでるよー”と言うと目の前にやってきます」(あめさん)

いらずらっこで甘えん坊のゾーイくんは、飼い主さんのやることにも興味津々。飼い主さんがキッチンで作業をしているとそばに来て、「お水が流れているのを見るのが好きみたいです」と、あめさん。

また、「段ボールを重ねていると必ずやって来て上に乗って押さえてくれる」というゾーイくん。通販で購入した商品が段ボールに入って届いた時も、必ずチェックをしにやって来るそう。

「いつもゾーイのおもちゃをネット通販で買っているので、今回通販で買ったトングも、自分のおもちゃだと思って、箱から出した時に近づいて来たのかもしれないですね」(あめさん)

ゾーイくんには残念ですが、トングはこの後きれいに洗われ、当初の予定通り、調理専用となったそうです。

なお、トングは先端がシリコンになったタイプですので、ゾーイくんにケガなどはありません。皆さま、どうぞご安心ください。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)