「城聞」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

群馬県藤岡市にある名字で、その読み方が独特。「城」は音読みで「じょう」と読み、「聞」は訓読みで「きく」と読む。音読みと訓読みを続けて読む、いわゆる重箱読みである。

城聞家は、もともとはこの付近に多い「新井」を名字として名乗っていた。家の近くには戦国時代まで真下城という城があり、江戸時代には城跡を訪ねて来る人がたびたびあったという。その際、旅人が城跡の近くにあった新井家で付近の様子を聞くことも多かった。

同じ名字が多い地域では、名字だけではどの家かわからないため、家と家を区別する際に名字とは別に屋号を使用することが多い。新井家では、城についてよく聞かれることから屋号を「城聞」としていた。

明治時代になって戸籍が制定された際、新井家では名字を本来の「新井」ではなく、屋号の「城聞」を届け出たため、以後「城聞」という名字になったという。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。