「阡陌」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

「阡」も「陌」も見慣れない漢字で、一見どう読んでいいかよくわからない。

形声文字は、左側の部首が意味を、右側のつくりが音を表すため、「阡」は「千」と同じく読み方は「せん」。「陌」は「百」と同じだが、「ひゃく」ではなく「はく」と読む。『奥の細道』の序文「月日は百代の過客にして」の「百代」を「はくたい」と読むのと同じだ。従って、「阡陌」と書いて「せんぱく」である。

さて、読み方が分かったところでその意味だが、『日本国語大辞典』によると、古代、南北の路を「阡」、東西の路を「陌」といったというが、逆に「阡」が東西、「陌」が南北の路であるという説もあるらしい。

いずれにせよ、「阡陌」とつなげることで、東西と南北の道が交わるところを指し、広く「ちまた」という意味に使われたようだ。いわば、「辻」という言葉のニュアンスに近い。

現在は、神戸市や三重県津市などにある。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。