衣に味がしみた「揚げ出し豆腐」は好きだけれど、作るのが面倒なわりに豪華な一品にはならないのもあって作らない…というあなたに朗報です。まるで「揚げ出し豆腐」のような味で、しかも超お手軽な「ジェネリック揚げ出し豆腐」(つまり、なんちゃって揚げ出し豆腐?)がSNSで話題になっています。

 通常の揚げ出し豆腐の作り方は、水きりをした豆腐に小麦粉や片栗粉をまぶして油で揚げ、だしをかけて薬味を散らします。文章で書くとそうでもなさそうですが、揚げ物の後片付けも考えるとやはり面倒。

 もっと簡単に揚げ出し豆腐を食べたいと考えたイラストレーターの「カマタミワ(@kamatamiwa)」さんが思いついた方法は、豆腐をレンジでチンして水切りしたあと、つゆの素をかけて、揚げ玉(天かす)をワッサーとのせて好みの薬味をプラスするだけ。コンロは一切使わないのに、目をとじて食べれば、それはまさに揚げ出し豆腐。しかもサクサクもトロトロも味わえて、追い揚げ玉までできちゃうのです。もしかしたら「本家を超えているのでは?」とカマタさん。

 カマタさんがこの作り方を「ジェネリック揚げ出し豆腐」という漫画で公開したところ、「この発想はなかったので 真似します」「天才だああ! ありがとうございます」「…試してみます」と感謝の声があがり6万いいねがつきました。

 リプライの中には「天かすでジェネリック天むすも美味しいです」「これと同じようにカレーに天かすかけて肉と一緒に食べたらカツカレーだったのを思い出した」とほかの「ジェネリック料理」を教えてくれる人も。また、冷たい豆腐に揚げ玉をのせる「たぬき豆腐」と同じでは?というコメントもありました。これからの季節は冷たいバージョンも美味しそうですね。

 一人暮らしの生活や失敗談、面白い人に遭遇した話などを漫画にしているカマタさんに聞きました。

──20年以上一人暮らしをされているそうですが、料理をするのは好き?

 あまり好きではないです…。なので手を抜こう抜こうとしています。

──「ジェネリック料理」はいつも考えているのですか?

 「ジェネリック料理を作ろう」とは考えていませんが、とにかく楽して作りたいので、常に手順を省略しようとはしています。ただ、省略した結果失敗することの方が多いです…。

──食パンをレンジで焼こうとして真っ黒になったりもしていましたね(笑)。「ジェネリック揚げ出し豆腐」を思いつく前は、食べたくなったらどうしてたのかしら?

 自分で作るのはどうしても面倒なので、居酒屋に行った時などに食べるようにしていました。

──わかります! 突然この作り方が思い浮かんだのですか?

 はい。久しぶりに揚げ出し豆腐が食べたくなったのですが、今は居酒屋に行けないので、なんとか簡単にあの味っぽいものを感じられないかと考えた結果、気づいたらやってました。

──「天才!」という声も多くありました。

 全然です、むしろIQ的に一番下の方の料理だと思います。でも嬉しいです、ありがとうございます! いつもTwitterやインスタで、料理が上手な方々の簡単なのに美味しい工夫されたレシピを見せて頂けるのがとてもありがたいです。

 ◇ ◇

 揚げ出し豆腐好きの筆者も「ジェネリック揚げ出し豆腐」を作ってみたところ、ラクして美味しい一品になりました。しかも、気に入った家族が自分でおかわりができる簡単さです! ちなみに、つゆの素を水で薄めるなら水切りしなくていいかもしれません。

■カマタミワさんプロフィール
東京都在住、独身。一人暮らし歴20年超えのイラストレーター・漫画家として活躍。長年にわたる一人暮らしの悲喜こもごもを漫画にした書籍「ひとりぐらしこそ我が人生(KADOKAWA)」、などの『ひとりぐらしシリーズ』を手がけている。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)