同時に2匹迎えたら孤立しない

結汰くん(1歳・オス)は、玄乃ちゃんと一緒に山梨から東京の酒井さんのところにやってきた。「保護猫広場ラブとハッピー」で里親探しをしていたところ、酒井さんが見つけたという。

「玄乃を家族にすると決めた時、一緒にもう1匹迎えようと決めていました。すでに8匹の先住猫がいたので、1匹だけでは玄乃が孤立してしまうかもしれない。2匹一緒なら孤立することはないだろうと考えたのです」

これまで一緒に野良生活をして生き残ってきた2匹を、離れ離れにさせたくないという思いもあった。

2020年7月1日、酒井さんは結汰くんに会ってみた。整った、きれいな顔をした猫だった。

「私のことをじっと見つめてきて、小さくニャッと声を出したとき、この子とはきっと仲良くなれそうな直感がありました。2年前、猫伝染性腹膜炎(FIP)で亡くした生後半年だった子猫に顔立ちが似ていたことも、この子と暮らしたいと思った理由でした」

絆を結んでくれる猫になってほしい

8月7日、酒井さんのところに結汰くんがやってきた。当初は気が小さく怖がりで、すぐに隠れてしまう静かな子だった。しかし、2週間もしないうちに態度がデカくなり、やがて酒井家で最も自己主張の強い甘えん坊になったという。

「来た時の第一印象とは大違いです(笑)」

酒井家の絆を結んでくれる存在になって欲しいと願い、「結」の字を入れてユウタと名付けた。「汰」を選んだのは、近年人間の男の子の名前に用いられる人気のある漢字だったからだ。酒井家では、猫には皆、人間にも使える名前をつけることが慣例になっているという。

猫はかすがい

結汰くんは犬のような忠誠心を見せるところがある。昼間は酒井さんの後を家中ついてまわり、夜は枕元で香箱を組んでいる。名前を呼ぶと鳴いて、元気に返事をしてくれる。最も犬らしいと思うのは、「持ってこい」遊びができること。紙屑を丸めて放り投げると、走って取ってくる。それを結汰くんが疲れるまで繰り返すのが、毎朝の日課になっているそうだ。酒井さんは、返事や持ってこいの動画をインスタグラムに上げているが、好評だという。

結汰くんは玄乃ちゃん以上に行動力のある子なので、人間の方が振り回されている感もある。

「それがまた楽しくもあるのです。玄乃と同様、結汰はやることなすこと家族の話題になります。その名の通り、猫がかすがいとなってくれています」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)