玩具コレクションの盗難・転売事件がSNS上で大きな注目を集めている。

「実家に泥棒が入り、私のコレクションがごっそり盗まれました。弟から中古リサイクルショップに珍しい商品が置いてあると電話を受け、その特徴が私のコレクションの状況とぴったり当てはまるので帰るとケースが空でした」

と訴えたのはコレクターのミクロマンさん(@micromantom)。

ミクロマンさんが盗難に遭った物品は子供の頃、兄弟で集めたという「ミクロマン」や10代から憧れて就職してようやく買った「ダイアクロン・ロボットベース」、ほかにも苦労して集めたタイタニックや変身サイボーグやトランスフォーマーなど多岐に渡る。

法律上、盗品は犯人から購入した古物業者の手元にあるうちは無償返還されるが、いったん一般の客に売れてしまうと回収は困難になる。ミクロマンさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは

「これは辛いな。何とか手元に帰って来て欲しいな。私は唯一厳しかった父が出張から帰って来るとミクロマンを買って来てくれたのを思い出す。ロボットマンやタワー基地まで。このコレクションが盗まれたと考えたら…悔しいよね」

「コレクターにとって、これ程苦痛で赦せないことはないですよね…一日も早い、犯人の逮捕を願うばかりです心情的には、一生娑婆に出られないようにしてほしい(飯も与えず)位だけど(それ位、大きな罪だし)ただ窃盗だから、大した罰にならない気がするんですよね…」

「なんと…希少なのはもちろん、長年の思い出が詰まってるのでお辛いですね…。犯人捕まってくれ!」

など数々の慰めのコメントが寄せられている。

   ◇   ◇

ミクロマンさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):ご実家で自室が荒らされているのを知った際のシチュエーションをお聞かせください。

ミクロマン:実家は現在、父親が一人暮らしで、私は一昨年結婚したのを機に同じ市内のアパートで暮らしていますが、来月には実家に戻る予定でいました。休日に弟から電話があり、私が暮らしている隣の市のリサイクルショップに珍しい物が大量にあると連絡を受けました。

しかし、詳細を聞くと私の所持している物、私が置いていた物の組み合わせ等が挙げられ、不安になり帰省すると部屋は荒らされていて愕然としました。移動中、恐らく盗られてるだろうなと考えていましたが、そうで無い事を祈っていただけに衝撃は大きかったです。

中将:盗難に遭ったコレクションはミクロマンさんにとってどのようなものだったのでしょうか?

ミクロマン:私は10代の頃から玩具好きで収集癖があり、兄弟で物を集めては共有していました。ですので今回盗られた物の中には弟の物も含まれております。買った時の場所、季節、シチュエーション色々と記憶しております。

私達が買っていた玩具は歴史が古く、私が生まれる前から販売されていたようで、子供の頃に買っていた品々は時代を超えた新しいシリーズでした。いつか、昔のシリーズの玩具も手に取りたいなと夢見て、就職を機に関東へ移住した私はあちこち巡って収集を続けました。今回のことで20年以上積み上げて来たものが台無しにされました。

中将:コレクションが発見されたあとの経緯について可能な範囲でお聞かせください。

ミクロマン:盗難に気付いたのは上記の弟からの連絡がきっかけです。すぐ警察に連絡し、現場検証を行い、私の品が売られた店に警察と伺った次の日。仕事中にもしかしたらとYahoo!オークションを覗いて見た所、私の物と思われる物が出品されていました。盗られた物の中で高額で、私の物独自の特徴があったのと、同じ出品者が出している品には私が盗難にあった物が多数あり、間違いないと思いました。

直ぐに警察に相談しましたが、最初に犯人が売った隣の市のショップから買われて、転売されている物だろうから、差し止め等は出来ないと言われました。私も昔、法律を勉強した事があるのでそれ以上何も言えませんでした。盗難が起きてから2カ月近く経っていた事と、盗難を知った際は、もう帰って来ないだろうから諦めるしか無いかと思っていたので困惑しました。

オークションの開催期間も終わり間近で、入札もありました。転売している人の利益に貢献するのは嫌でしたが、黙って見過ごして後悔するよりはと落札しました。しかし、盗られた物は100体を超えており、現在手元に戻って来たのは落札した2体。

終了したオークションの中には他の方の手に渡った私の品も何点かありました。戻って来た物から犯人に結びつく証拠が出るかも知れないので梱包は解いていない状況です。

中将:これまでのSNSの反響へのご感想をお聞かせください。

ミクロマン:こんなに注目を集めるとは思っていませんでした。今までこんなに伸びた事はありません。励ましの言葉や応援、犯人が許せないと共感して頂いており、いつの間にかフォロワーが500人近く増えていました。有難いです。ただ中には「ダサっ!」「笑える」とのコメントもあり、注目を集めるとこんな観たくもないものを目にしなきゃいけないんだなとも思いました。

私らの玩具収集は特に家族からの理解を得られない場合が多く、私も父親から「子供にくれてやれ」とか散々な言われようで片身の狭い趣味だと思っております。家族に勝手に処分されたとかいった話を目にすると、本当に気の毒で、今回SNSで声を寄せていただいた方の中にもそういった過去を持つ人が何人かいました。

他人からしてみれば、ただのガラクタかも知れませんが、一品一品に思い出や労力も詰まった物が沢山あります。それを失う痛みは大きいです。今回の事件は残念ですが、せめてコレクターへの理解が広まれば良いなと思います。

   ◇   ◇

ミクロマンさんのコレクションを盗んだ犯人の早期逮捕と、今後同様の事件が少しでも抑止されることを願いたい。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)