旅先で耳にした方言にほっこりしたという経験はありませんか? 「方言が魅力的な都道府県」を聞いた調査によると、ランキング1位となったのは福岡県。博多弁の語尾やイントネーションに魅力を感じる方が多く、とにかく「かわいい!」というコメントも多く寄せられたといいます。またTOP10には関西の3府県がランクイン。調査した情報誌は「テレビでよく耳にするイントネーションを旅先で実際に聞いて感動したり、親しみを感じたのではないでしょうか」と分析しています。

株式会社リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」が行った「じゃらん 方言が魅力的な都道府県ランキング」調査です。47都道府県に住む20代から50代1088人を対象に8月調査し、このたび結果を発表しました。上位5つの道府県は以下となります。

【1位:福岡県】博多弁のかわいさが支持を集めた福岡県。「〜しとっと?」「〜ちゃけど」をはじめとする博多弁の語尾やイントネーションが好きという声が最も多く、「橋本環奈さんや今田美桜さんなどが話していた博多弁がかわいくて好き!」「福岡出身の友人の喋り方がかわいい」など、全体的に“方言のかわいさ”に関するコメントが多く寄せられたといいます。

【2位:京都府】「はんなりしているから」「言葉が上品」「物腰がやわらかい」など、関西弁の中でも「やわらかな響きが好き」というコメントが多い京都府。「舞妓さんの印象が強い」「旅行に行ったときに聞いたお店の方の話し方がキレイだった」など、旅のエピソードと結びついているのも特徴的だったそうです。

【3位:大阪府】「関西弁が好き」「親しみがある」などフレンドリーな印象に魅力を感じるというコメントが集まった大阪府。中には「漫才のようで明るい」「テンポがよい」「言葉は強く聞こえるけどコミュニケーションが上手そう」という、大阪ならではのコメントも見られたといいます。

【同率4位:北海道、広島県】北海道の方言では、「なまら」などイントネーションに魅力を感じるほか、「地元の言葉だから」など故郷を思うコメントも。一方、広島県は「〜じゃけぇ」など語尾が強く印象に残っている様子。その他「テレビで聞いた広島弁がかわいかった」という声もあったそうです。

調査結果について、同誌は「『かわいさ』と『親しみやすさ』が魅力的な方言の2大ポイントといえそうです。もちろん、惜しくもランキングに入らなかった県にもステキな方言がたくさんあります。いつか訪れる際には、そのエリアにどんな方言があるのかを調べてみると、旅の楽しみもまた広がりそうですね」と解説しています。