「チャボがカッコよくフレームインして来てビビった(笑)」とつぶやき、ツイッターに動画を投稿したサユヤスさん(@SHAKEhizi_BSK)。

そこに映っていたのは、廊下の奥にちょこんと座る三毛猫ちゃん…の前に突如、ズサーーッ!っとスライディングしながらフレームインしてきた茶トラの猫ちゃん!

いきなりカッコいいポーズでフレームインし、カメラを構える飼い主さんを見た途端、スタコラ逃げ去る猫ちゃんの姿に、「”ズザーっ、あっ!撮影中でしたか、すんません”って見た瞬間から聞こえました」と、爆笑のリプライが殺到しました。

「ハイテンションの猫は動きが機敏ですね」
「これが噂の猫ドリフトですか!?」
猫「待たせたな!」(CV:大塚明夫)
「お!やべ!って去っていく感じが小学生男児みたいで可愛いです」

飼い主のサユヤスさんによると、廊下の奥に座っていた三毛猫さんは、5歳になる保護猫の女の子、リルちゃん。そして、カッコいいスライディング・スタイルでいきなりフレームインしてきた茶トラの猫ちゃんは、2歳になる保護猫の男の子、チャボくんです。

飼い主のサユヤスさんは、粘土で自作した「ねこ足がついたカゴ」に入る愛猫の可愛い姿でも話題を呼んだ、プロの漫画家さん。この時、なぜチャボくんは、少年マンガの戦闘シーンのようなカッコいいポーズで突然フレームインしてきたのか!? サユヤスさんにお話を伺いました。

ーー突如カッコよくフレームインしたのに、カメラに気付いて逃げ去るチャボくんの姿、何度見ても笑ってしまいます(笑)。

「これは、奥に写っているリルの写真を撮ろうとした際、間違って動画ボタンを押してしまった時に偶然撮れたものなんです」

ーーチャボくんはなぜこんなスタイルで登場を?

「奥を歩いている他の猫に襲いかかろうと走って来たところ、飼い主の存在にビックリして逃げ帰ったという、実際はすごくカッコ悪いシーンとなっております!」

ーーなんと(笑)。チャボくんは普段、どんな猫ちゃんなのですか?

「ビビりで甘えん坊だけど、やんちゃで空気が読めず、同居猫や妹猫に避けられてます」

ーーはしゃぎ過ぎる男子小学生みたいですね(笑)。チャボくんやリルちゃんの他にも、サユヤスさんのお家には、7歳のシバちゃん、5歳のピノちゃん、2歳のスミちゃんの計5匹の猫ちゃんが暮らしているんですね。

「多頭飼いだと猫同士の相性もあるので、広めのスペースが必要だと思い、最初は田舎に広い中古物件を買って、次に猫に合わせた新築を建てました。運動不足解消のため、2階にも行き来できるように、長い廊下や踊り場を作って開放しているのですが、みんな甘えん坊で仲良しなので(チャボだけはちょっと避けられてますが)、基本、私の目のつくところにみんないます。そばにいてくれる嬉しさ半分、広々過ごせるように家を建てたのに…と思うと少し切ないです」

ーーちなみに動画撮影後、奥にいたリルちゃんはどうなったのですか?

「チャボが走り去った後も、リルはマイペースにその場にずっといました」

 ◇ ◇

猫ドリフトでカッコよくフレームインしてきたチャボくんと、その姿をクールに見つめていたリルちゃんだけでなく、サユヤスさんちに暮らす5匹の猫ちゃんたちは全員、”保護猫”。

「うちにいる猫はすべて、人間が無責任に野良猫に餌を与えたせいで増えた猫たちです。猫は野生動物ではなく、人間が管理しなくてはいけない生き物です。これ以上、行き場のない動物を増やさないためにも、無責任に野良にエサを与えないことや地域猫の仕組み、ペット業界の裏側などに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです」(サユヤスさん)

サユヤスさんの愛情のもと、仲良く暮らす猫ちゃんたち。その中で、「ズサーッ!」とフレームインした直後にスタコラ逃げ去ったチャボくんは、唯一の男子。空気が読めないハイテンションぶりで、女子猫たちにちょっとウザがられながらも、今日もサユヤスさんちで楽しくやっています。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)