「くらえっ!メロメロびーーーむ!」

こんなつぶやきとともに、愛猫の写真をツイッターに投稿した「めるちょとまおまお」(@meltube_cat)さん。そこには、ソファにコロンと転がりお手てを交差する子猫ちゃん♡ まるでウルトラマンの必殺技「スペシウム光線」のようなポーズ? その仕草が「可愛すぎる」と話題を集めました。

リプ欄には、子猫が発する?「メロメロびーーーむ!」にキュン死したという人からのコメントが殺到しています。

「これを喰らった私の死因は萌えによる悶絶キュン死です」
「大ダメージにゃ。何という破壊力にゃ……」
「猫好きさまにかいしんのいちげきっ」
「ヤバーーーーーい 瞬殺」
「うわーっやられたぁ でも幸せ…」
「もう駄目だぁ〜 今日は、仕事にならない」
「やめてくだされ〜世界中の者がメロメロに〜」
「可愛い過ぎて、ヘンな声が出てしまいました…」
「やられたにゃん」
「威力が半端なさすぎるでちゅ」

多くの人をメロメロにした子猫ちゃんのお名前は、マオちゃんといいます。数カ月前に保護された男の子です。確かに、まるでビームを出しているかのように見えるマオちゃんの姿。いったいソファで何をしているところだったのでしょう? 撮影時のことを、「めるちょとまおまお」さんこと飼い主さんに伺ってみました。

「メロメロびーーーむ!」を出して多くの人をキュン死させた子猫は、捨て猫だった
――皆さんをキュン死させたマオちゃんの写真。投稿しようと思ったのは?

飼い主さん「ビームを出すポーズをしているみたいでかわいかったので投稿しました」

――確かに! 実際、ソファで何をしていたのでしょう?

飼い主さん「ソファで毛繕いをしていたシーンです」

――毛繕いをしていたんですね。すっかりおうちでリラックスしている様子のマオちゃんですが、捨て猫だったとか。

飼い主さん「はい。時折雨が降る日、人通りの少ない物陰に捨てられていました。第一発見者の方が飼うことが難しかったため、我が家にお迎えすることにしました」

――おうちに迎えられた当初のマオちゃんは?

飼い主さん「子猫は突然衰弱してしまうことがあり、マオ自身も生命の危機に陥ってしまったこともありました。今は元気いっぱいで毎日走り回っています! どんな子になっても、健やかに長生きしてくれれば何よりの幸せです」

――すでに猫を飼われていたとのこと。マオちゃんが来てからの先住猫の様子はいかがですか。

飼い主さん「メルといいます。1歳の男の子です。とてもやんちゃで甘えん坊だったのですが、マオが来てから以前までやっていた『遊んで!遊んで!』というアピールが減り、落ち着きましたね。お迎え当初、マオに対して威嚇したりしていましたが、今はマオの様子を見守ったり、危険を教えたりする兄の一面を見せてくれています」

ーー今は頼もしいお兄ちゃんになったんですね。これからも2匹で仲良く過ごしてくださいね。

  ◇   ◇

飼い主さんは、段ボール箱に入れられて捨てられていた小さな子猫のマオちゃんを家族にお迎えすることになった経緯をYouTube動画で紹介しています。マオちゃんと出会ってあらためて「不幸になってしまう子が減ってくれれば」と思ったそうです。こちらも、ぜひご覧ください。

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)