「トラが最近こうやって座っているんだけど何座りて言うのかな?」とつぶやき、1枚の写真をツイッターに投稿した沙杏 桂さん(@9obHl5cbE4tRqx7)。そこに写っていたのは、たてひざにした左の後ろ足を、両前足で器用にはさんで座る、茶トラの猫ちゃんの姿。

「何座りて言うのかな?」という、沙杏 桂さんのつぶやきにある不思議な座り方もさることながら、やはり目を奪われるのは、後光のような柔らかな光の中で佇む猫ちゃんの柔和なお顔!「お地蔵さんみたい」「アルカイックスマイルのようだ」と、独特のポーズで座るその尊いお顔に、称賛のリプライが殺到しました。

「猫地蔵さま〜」
「お地蔵さん座り♡」
「悟り座りってどうですか?」
「微笑んでるように見えて可愛い♡我が家ではひざ神って呼んでます」
「うちでは、お手てちべたい座りってよんでました」

「すごく神々しい猫様ですね」「ありがたい感じがして手を合わせたくなりました」という声も寄せられていたのは、15歳になる保護猫の女の子、トラちゃん。茶トラの女の子はかなり珍しく、出生率は茶トラ猫全体の2割程度と言われているそうです。


そんな稀有な星のもとに生まれ、謎のポーズで座りながら尊いお顔を見せてくれたトラちゃんについて、沙杏 桂さんにお話を伺いました。

ーートラちゃんの不思議な座り方、見入ってしまいますね。しかもお顔がお地蔵さまのように優しくてほっこりします…。

「確かにおっしゃる通り、お地蔵さまみたいですよね。そういうリプライをたくさん頂いたのも、皆さんにもちっちゃいお地蔵さまに見えたからなのでしょうね。普段のトラは普通に、後ろ足の前に前足を揃えて座るのですが、この日はホットカーペットと暖房をつけていた上、午前中のリビングは日差しが入り、ポカポカなんです。なので、トラは眠気と戦っていたのかもしれませんね…。うつむき加減で目をつむり、口元は少し微笑み、後光のような光も差していて、思わず合掌したくもなるありがたい姿でした…」

ーーということは、トラちゃんは眠くなるとこの座り方に…?

「そうですね、眠気と戦っている時にこの座り方になるように思います。あと、めちゃリラックスしている時かな?それでもどこかに野生の気持ちがあるのか、尻尾は前足にくるっと巻いています」

ーー普段のトラちゃんはどんな猫ちゃんですか?

「実はトラは4兄妹で、その中でいちばん小柄な子だと思います。顔は兄弟猫の飛影と似ていて、基本的にイケニャン系なのですが、今回の写真ように、眠くなったり甘えん坊モードになると、可愛いくて優しい女の子の顔になります。ちっちゃい前足でチョイチョイして、私の顔を覗き込んでくる時のトラの顔は、本当に人間の子のように可愛いです。うちには人間の娘もいますが、トラは我が家の次女の立ち位置にあり、めちゃくちゃ可愛いです…」

ーートラちゃんの他にも、おうちには飛影くんとあずきくんという、トラちゃんの兄弟猫もいるのですね。

「今から15年前、主人と息子がバーキュー場の下見に行った際、管理人さんにご挨拶に行ったところ、管理事務所にトラと飛影、あずきの3兄妹がいたそうです。実は彼らは4兄妹で、グレー系の子は先にもらわれていったそうです。管理人さんが、”3兄妹なんだよね、先に1匹もらわれていったけど…3兄妹なんだよね…”と、何度も主人に話していたそうです(笑)。

その時、私のケータイに電話があり、息子は茶トラがいいと言っていて、ケータイのこちら側で娘が、黒猫がいいと言っていて…。当時、我が家には先住猫もいたのですが、3兄妹をバラバラにもできず、何とかなると思い、3匹とも連れて帰ってきて今に至ります。今でも3兄妹全員連れ帰ってきてもらって良かった、と思っています」

ーー管理人さんナイスですね(笑)。もし沙杏さんが今回のトラちゃんの不思議な座り方に名前を付けるなら…?

「そこはやはり、『ちまトラ座り』でしょうか」

 ◇ ◇

後光のような柔らかな光が差すなか、不思議な座り方で優しいお顔を見せてくれたトラちゃん。15年の歳月を共に過ごしてきた大切な家族の一員について、「ズバリ、姿の違う我が子です。これしかないです」と語っていた飼い主さん。

地域を見守るお地蔵さまのような慈愛に満ちたトラちゃんのお顔は、飼い主さんからたっぷり愛情をかけてもらってきた証、なのかもしれないですね。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)