「ウチに来てから1ヶ月、こんなに仲良くなりました」

こんなつぶやきとともに、愛猫との写真をツイッターに投稿した飼い主のネコランドさん(@NEKOLAND13)。そこに写っていたのは、顔を近づける男性(ネコランドさん)をお手てで必死に制止する子猫ちゃん! 仲良くないじゃん…(涙)、飼い主さんに聞きました。

※顔を近づけたのはお口にチューではありません。猫の虫歯のリスクを考えてネコランドさんのおうちではしていません。

「あらまぁ すっかり仲良くなっちゃって」

そんな写真には「肉球でガッチリ‼️ 抑え込まれるほどにw」「あらまぁ すっかり仲良くなっちゃって」と爆笑する人たちや、「パパランドいやっ!」「いや、ちょ、それだけは無理やてまじで」と子猫ちゃんの気持ちを代弁する人たちなどからコメントが相次いでいます。

子猫は、ミヌエットのノーマンくんといいます。もうすぐ生後4カ月になる男の子です。どうして、顔を近づける飼い主のネコランドさんに必死にイヤイヤしたのでしょう? そのときのことを、ネコランドさんに聞いてみました。

飼い主が子猫に猫吸いを迫った?

――今回、ノーマンくんのイヤイヤ写真を投稿しようと思ったのは。

「エマでもよくやる我が家の恒例の儀式ということですね」

――恒例の儀式というと…そういえば、エマちゃんもネコランドさんが顔を近づけるとイヤイヤしていましたね…(笑)。このとき、ノーマンくんに何をしようとしていた?

「ノーマンのお腹に顔を埋めて猫吸いしようとしてましたが…」

――あらら、猫吸い(※猫の体に顔をうずめて息を吸い込むこと)ですか! チューじゃないから、許してほしいですよね。

「でも、拒否されてもプニプニの肉球も味わえて、これはこれでご褒美ですね(笑)」

――ネコランドさんの顔にプニプニが…(笑)。うらやましい〜! そんなシーンを撮影していたのは、奥さん?

「はい、妻ですね。『結果は分かってたでしょ…』と冷ややかな反応でしたね」

――イヤイヤしたあと、ノーマンくんはどうなった?

「この後、仕返しにお腹をわちゃわちゃくすぐってから解放してあげました!」

――ノーマンくんをおうちに迎えられて1カ月が経ちました。エマちゃんはママ派、ノーマンくんが一番大好きなのは?

「ノーマンは妻にも私にも行くところ行くところに着いて歩いてくるので今はどちら派とも言えるかもですね」

――でも、ネコランドさんの顔を近づけるとイヤイヤと(笑)。ところで、中立的なポジションにいるようにも思える、先住猫のレイくんはママ派、パパ派どちらでしょう?

「レイは妻に甘えることもありますが、よく側にくっついて甘えてくるのは私なので、パパ派なのかもしれませんね!」

  ◇   ◇

今回のツイートにはこんなリプライが寄せられました!

「にゃあ‼」
「ダメです」
「可愛い過ぎますね」
「もしかして:デジャヴ」
「エマお姉ちゃんの真似してて偉い」
「お姉ちゃんの教育のたまものですね」
「仲良くなりましたね エマ姉さんの教えは絶対ですからね 顔に肉球羨ましいです」
「のん太くんもネコランド家のお約束わかってますね〜」
「見事にエマ氏を見習ってて偉いですねっ!!」
「ノーマン『パパにちゅーされそうににゃったらおててで押さえるといい』って姉にゃんが言ってたにゃ!」
「エマちゃんとノン太君揃ってヨメランドさんの方が良いという拒否の眼差しでは?w」
「流石、エマ姉ちゃん譲りにゃ”ストッピング‼️”ですにゃ!」
「いや、ちょ、それだけは無理やてまじで つっぱりおてて可愛いです〜♡」
「おぉ確かに仲良しになってる…」

  ◇   ◇

ネコランドさんのおうちには、エマちゃん(2歳1カ月・雌)とノルウェージャンフォレストキャットのレイくん(3歳3カ月・雄)の2匹の先住猫がいます。以前から3匹目の猫を迎えようと思っていたことから、1カ月ほど前にノーマンくんがやって来ました。

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)