「2人で拒否柴」というつぶやきと共に、シヴァ犬こむぎっす 豆シヴァわらび さん(@Shibamugi28)がツイッターに投稿した動画が話題です。そこに映っていたのは、兄貴分の柴犬・こむぎくんと、妹分の豆柴・わらびちゃんが2匹同時に、「ここから先は進みたくない!」とばかりに、「拒否柴」を発動している様子。いったい何が起きたのか!?飼い主さんにお話を聞きました。

大好きな兄柴の真似してる!?

全犬種のなかでもっともオオカミに近いDNAを持つと言われる柴犬。普段は飼い主に従順な柴犬たちですが、感情表現が豊かなオオカミの血が騒ぐのか、リードを引っ張られても、顔のお肉をむぎゅっとさせて踏ん張ったり、ゴロンと横たわって「拒否柴」を発動することもしばしば…。飼い主さんとの愉快なやりとりで人気のこむぎくんと、先日、お散歩デビューを果たした生後4カ月のわらびちゃんにも、どうやらオオカミ譲りの柴犬魂が備わっていたようです。

今回はお散中、2匹同時に仲良く「拒否柴」を発動していたこむぎくんとわらびちゃん。「春のお散歩拒否祭り」「帰りたくないの?」「きっとこれもお兄ちゃんの真似」と、愉快なリプライも殺到した「2人で拒否柴」について、飼い主さんにお話を伺いました。

初めての道、どちらも急に動かなくなりました…

ーー今回どんなタイミングでこむぎくんとわらびちゃんは「2人で拒否柴」姿に…?

「この日はたまたま、2匹にとって初めての道を通ったのがきっかけでした。立ち止まった理由は不明ですが、どちらも急に動かなくなりました」

ーーこむぎくんが「拒否柴」を発動するのはどういうときが多いのですか?

「大抵は、自分の行きたい方向とは違ったり、帰りが近くなり、散歩が物足りないときに『拒否柴』をします。歳を重ねるにつれ、『拒否柴』をすることが増えました」

ーー先日、お散歩デビューを果たしたわらびちゃんもお散歩中に「拒否柴」を…?

「わらびはまだ子犬なので、わらびだけでお散歩する場合は時間も短いため、特に問題ないのですが、こむぎと一緒に歩く際は長時間の散歩となりますので、歩き疲れたときに座り込み、飼い主が抱っこすることになります…」

ーーわらびちゃんはこむぎくんのことが大好きなのだそうですね。

「こむぎのすること全てを真似し始めるので、本当によく見ているなと感心します。こむぎがいつもおやつをもらう場所があるのですが、自分もそこに一緒に座ったり、褒められる度に必ずおやつをもらうためにそこに座ったり、こむぎがベッドを掘り始めたら時間差で同じことをしたり…たくさんあり過ぎてキリがないです(笑)」

ーー今回の動画の中で、ママさんが何度もわらびちゃんとこむぎくんに「行くよ」と呼びかけていらっしゃいますね。動画の後、お散歩はどうなったのでしょうか?

「この後車が来たので、動き始めたこむぎを道路の左側に寄せ、わらびは私が抱っこしました」

◇ ◇

兄貴分の柴犬・こむぎくんのことが好き過ぎて、こむぎくんに怒られるとシュンとしてしまうという豆柴の女の子、わらびちゃん。

「わらびはとても賢くて天真爛漫な子だなと思います。甘えん坊でもあるので、私たちの側で必ず寝たり、帰宅したときに飛行機耳で尻尾をぶんぶん振って出迎えてくれる姿を見ると疲れが吹っ飛びます!」(シヴァ犬こむぎっす 豆シヴァわらびさん)

わらびちゃんがお散歩に慣れた暁には、「キャンプをしたり海に行きたい」と、飼い主さん。

「とにかく、こむぎとわらびが喜びそうなところに連れて行ってあげたいです。犬だからと制限を設けるのではなく、人間の子どもと同じようにいろんなことをして遊ばせてあげたいと考えています」(シヴァ犬こむぎっす 豆シヴァわらびさん)

これからもこむぎくんとわらびちゃんの仲睦まじい姿が楽しみです!

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)