「ちびっ子サッカー大会(6歳以下のふれあいサッカー大会)見てきたんだけどみんな自由で楽しそうだった覚え描き」

大羊(たいよう)さん(@taiyo_181)のツイートに22.8万いいねがつき、話題を呼んでいます。大羊さんが見てきた大会は、幼稚園年少さん〜年長さんまでを対象にしたもので、ゴールキーパーはなし、勝敗発表もなし。「サッカーを通じてスポーツの楽しさを知る」「家族・友人とのふれあい」を目的として開催されました。

選手はみんな小さな子どもなので、試合は超フリースタイル。子どもたちは「審判のお兄さんが気に入って離れない」「試合途中に疲れたので自らベンチに戻る」「突然ボールの上で休憩を始めて審判の高校生を慌てさせる」「狙うゴールの方向を聞いても逆方向に攻めてしまう」…など、微笑ましいエピソードが多くの人の心をつかみました。当時のことを大羊さんに伺いました。

イラスト続編の予定も?

ーー大会には大羊さんのご家族が?

「大会には仕事関係で行きましたので、身内知り合いは参加していません。子どもたち皆一生懸命楽しそうにサッカーをしていて、『全員がんばれ!』と思いながら見ていました」

ーー会場の様子はいかがでしたか。

「応援している保護者の方は皆ニコニコしていました。点を入れられてもオウンゴールでも楽しげな歓声があがる和やかな雰囲気でした」

ーー紹介していたほかに子どもたちの自由なプレーはありましたか。

「相手チームさんのゴール前に立って、味方がシュートしてきたボールを全部弾く子がいました。親御さんたちの『〜〜くんーー!!そこにいちゃだめー!!(笑)』という笑いながらの歓声含めて面白い光景でした(後日いくつかはまた描いてツイートするつもりです)」

ーーイラストには22万いいねがつくほどの反響です。

「知り合いに見せる絵日記のようなつもりでササッと描いてあげたので、まさかここまで多くの方に見られるとは思っていませんでした(笑) 『可愛すぎて涙出てきた』『これ見て沈んでいた気持ちが救われた』といったコメントが印象的でした。子どもの自由で無垢な姿は色んな人の心に響くんだなぁと感じました」

◇ ◇

大羊さんの投稿には、「これ見て癒されたい…」「可愛いが大渋滞しとる」「自由奔放なちびっ子たちもかわいいし、困ってる審判の高校生もかわいい」「可愛すぎるもう天国じゃん…」と、すっかりちびっ子サッカーの虜になってしまった人からのコメントが相次ぎました。

また大羊さんのコメント通り、ほかのおもしろエピソードもイラスト化の予定があるそう。今度はどんなフリースタイルサッカーが飛び出すのでしょうか。続編に期待が高まります。

(まいどなニュース・門倉 早希)