累計志願者数5000万人を超えた日本漢字能力検定(以下、漢検)を運営する「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」は、このほど小学生・中学生・高校生の学習状況の参考データとして、都道府県別にまとめた2021年度の結果を発表しました。

漢検は10級(小学1年生修了程度)から1級(大学・一般程度)の12段階の級を設定しており、全国47都道府県に設ける公開会場(約180カ所)ならびに小学校・中学校・高校・塾・企業などの準会場(約3万カ所)で幅広い年代の人々が受検しているといいます。

2021年度(2021年4月1日〜2022年3月31日)の漢検志願者はのべ170万9961人(前年比121%)となり、そのうち漢検を受検した小中高生はのべ145万6556人だったそうです。

都道府県別に小中高生の合格率を見ると、小学生は受験者数は46万4165人で合格率は86.1%でした。都道府県別で最も高いのは「大分県」(受験者数:1171人・合格率:92.1%)でした。次いで、2位「福井県」(受験者数:829人・合格率:91.0%)、3位「新潟県」(受験者数:2962人:合格率:90.2%)、同率4位「秋田県」(受験者数:1402人・合格率:90.0%)、「富山県」(受験者数:1234人・合格率:90.0%)、「和歌山県」(受験者数:1644人・合格率90.0%)と続きました。

また、中学生の受験者数は59万6023人で合格率は56.6%でした。最も高い県は小学生と同じく「大分県」(受験者数:1668人・合格率:72.7%)でした。次いで、2位「福井県」(受験者数:411人・合格率:71.0%)、3位「香川県」(受験者数:1427人・合格率:68.0%)、4位「徳島県」(受験者数:3185人・合格率:67.9%)、5位「秋田県」(受験者数:4214人・合格率:67.8%)と続きました。

さらに、高校生の受験者数は39万6368人で合格率は31.1%でした。1位は「鳥取県」(受験者数:1543人・合格率:39.7%)でした。次いで、2位「岐阜県」(受験者数:4929人・合格率:39.0%)、3位「大分県」(受験者数:3204人・合格率:37.4%)、同率4位「福井県」(受験者数:3338人・合格率:36.7%)、「鹿児島県」(受験者数:3391人・合格率:36.7%)と続いたそうです。