「※閲覧注意※ よっぽど暑かったんだろう ボイルされたザリガニが、田んぼに浮いている…」とつぶやき、しろえもん(@shiroemoon)さんがツイッターに投稿した画像が話題です。約22万のいいねがつけられたその画像とは、田んぼの水面に浮かぶ、茹でられたように甲殻が赤く変色したザリガニの姿!

「えぇぇー!田んぼの水で茹で上がるとは恐ろしすぎる暑さ!」「40℃のプールは巨大お風呂なのよw」と、震えるリプライが殺到した「ボイルされた」みたいになったザリガニの様子について、投稿者のしろえもんさんにお話を聞きました。

夏には田んぼ一面に炊きあがったごはんが…

「海老の出し汁で育つ稲とか絶対美味しいやん」
「ほぼパエリア」
「このあとスタッフが…」
「夏には田んぼ一面に炊きあがったごはんが」
「誰かが言った、耕すだけでほかほかに炊きあがる田んぼがあると」
「こうしてグルメ時代は始まっていく…」

こんな大喜利みたいな楽しい声と共に、リプ欄には、「茹で上がるほどの水温で、苗は大丈夫なんでしょうか」といった稲作の心配をする声も寄せられました。

しろえもんさんは撮影の翌日、撮影時と同じ時刻に同じ水田の水温を計測。「水深が浅い場所では43℃。少し深い場所ならば41℃。まだ稲が小さいので、日光を遮ることができず、水温が上昇しやすいのかもしれません」とツイート。水槽などでの飼育下の場合、通常、水温が40度以上になると魚類の大半が死滅するそうです。

果たして、「田んぼに浮いたザリガニ」の死因は猛暑による水温上昇のせいだったのか?気になる今季の稲作の行方も含め、水稲単作経営者のしろえもんさんにお話を伺いました。

稲が小さく、水温上昇しやすい環境でした

ーー今回の状況を撮影されたのは何時頃だったのでしょうか?

「撮影したのは、6月30日のお昼12時になります。かなりの猛暑日だったため、水田の水位を確認するため、巡回している時に発見しました」

ーー「最初は脱皮した殻だと思ったんですが、まさかの茹で上がってました!」「こんなの初めて見たので、驚いています」とツイートされていましたね。今までは、最も気温が高い8月でもこんな光景は見かけなかったのですか?

「8月頃になると稲が大きくなるため、水面は日光が遮られるようになり、このような状況(水温の異常上昇)にはならないと思います。撮影したこちらの水田は、6月初旬に稲を植えたため、稲がまだ小さく、水温が上昇しやすい環境なんです。また、今年の6月後半は降雨が少なく、温まった水が冷めにくかった状況も関係があると思います」

ーー複数の要因が水温の急上昇につながったのですね。今回の画像をよく見ると、おたまじゃくしの姿も見えますね。現在、水田にいるザリガニ以外の生物の様子は…?

「私が観察した限りでは、他の生物への影響はなさそうです。水田に生息するオタマジャクシやメダカ、タニシなどは元気に動いています。ただ、少しでも涼しさを求めて、流れのある場所や水深が深い場所に集まっています」

考えられる死因は水温の上昇による『酸欠』

ーー今回のザリガニの死因はやはり、酷暑で急上昇した水温なのでしょうか?

「今回たくさんのご意見をいただいたのですが、個人的に納得がいくのは『酸欠』でした。農薬が原因では…というご意見に対しては、同じ薬剤を使用している水田もありますが、そちらではこの状況が発生していない場所もあるため、稲がまだ小さく、水温が上昇しやすいこちらの水田の環境が大きく影響していると考えています。

当該水田は、もともと有機物が多い土で、さらに田植え前に堆肥を施用しています。そのため、気温の上昇と共に分解が進む際に酸素が大量に消費されたのではないでしょうか。また、水温が上昇すると水中酸素濃度が低下するようなので、それも相まって死亡したのかもしれません。ただ、当初はそのようなことを考える間もなく、とにかく外がものすごく暑かったので、本当に茹で上がったのだと勘違いしました。なお、ザリガニ駆除を目的とした薬剤は一切使用しておりません」

稲の生育に影響は?

ーー水温や気温の高さは、稲の生育には影響ないのでしょうか?

「稲への影響があるのかはまだ分かりませんので、関係機関へ確認しております。現状で出来る対策としては、新たに水を入れて水深を確保し、かけ流しをすることで、少しでも水温の上昇を抑えることが出来ます。ただ、今年は用水路の水が少なく、そのような対策が厳しい場所もあります…」

ーーこれだけ暑い中の作業となると厳重な熱中症対策が必須ですよね。

「始業時間を早めて、その分暑い日中に昼休憩を長く取り、15時から夕方まで作業をするという体制にしています。また、1時間ごとに休憩時間を確保し、水分補給をして涼んでいます」

◇ ◇

気温の異常上昇や、燃料や資材費の高騰など、多くの問題と対峙しながらも、「農業の面白さは、自分の努力や工夫が結果に現れやすいこと」と、しろえもんさん。

「同じ作物を作っていても、農家ごとに作業工程や使用する資材が異なり、その結果も異なります。生育中にどのポイントを重視するかもそれぞれですので、いろいろな方の考え方を勉強し、自身の生産に取り入れ、より良い農産物の生産を心がけています。私の場合は作業が季節の移り変わりと密接に関係するので、日々の作業でその変化を感じられる点も個人的には面白いです。暑さ寒さだけでなく、各季節で変化する匂いや風の感触を感じやすいのも、農業という仕事の特徴だと思います」(しろえもんさん)

ザリガニたちもギブアップした2022年の酷暑。美味しいお米が実るその日まで、どうか熱中症にはくれぐれも気をつけて作業してくださいね。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)