「ペットボトルの水滴で、猫の足跡がつきます」。そんな一文とともにTwitterに投稿された、一見するとなんてことないペットボトルの画像が、27万ものいいねを集め大きな話題を呼んでいます。

画像は、猫が描かれたラベルが巻かれたペットボトル。シンプルなかわいいラベルのペットボトルかと思いきや、よーく見ると、ペットボトルの底が猫の足をかたどっています!

そう! このペットボトルは、水滴を猫の足跡の形にしてしまうペットボトルだったのです! 机をビシャビシャにする本来ならうっとおしい水滴を、かわいくてどこにあっても嬉しい猫の足跡に変換してしまう素晴らしいアイデアにTwitterでは「かわいい♪」「欲しいw」「不快な水滴の跡をかわいいスタンプにしちゃうとか、天才すぎィ!」「床をビチャビチャにしたくなる」「水滴垂れるのが楽しみになる日が来ようとは‥」と大きな反響が寄せられていました。

一体どのようにしてこのアイデアを思いついたのでしょうか? このツイートを投稿したミチルさん(@mitiruxxx)にお話を聞きました。

猫の足跡になったらかわいいなと思い形にしてみました。

ーーTwitterでは大きな反響が寄せられていましが、水滴が猫の足跡になるという素敵なアイデアは、一体どのようにして思いついたのでしょうか?

「冷えたペットボトルの底にたまる水滴に悩まされていたので、猫の足跡になったらかわいいなと思い形にしてみました。」

ーー投稿では、水滴が猫の足跡になるペットボトルの画像がありますが、こちらは実際にペットボトルを作られたのでしょうか? それとも、画像を加工したイメージ画像なのでしょうか?

「こちらはペットボトルを改造して、CGでペットボトルの底を画像加工したものになります。」

ーーミチルさんは今回のペットボトルの他にもTwitterで様々な作品を公開されていますが、今までに発表した作品で商品化されたものはありますか?

「こちらの長ネギの千歳飴が商品化されました。経緯としましては、長ネギの千歳飴の投稿を見た飴業者の「まいあめ」さんにお声掛けいただき、千歳飴ではないのですが、形を変えて商品化されました。」

ーー「この中で欲しいプロダクトはどれですか コメントが多かったものは販売できるようがんばります。」というツイートを拝見しました。「氷山になるティッシュケース」「暇つぶしスクイーズ」「顔文字の南京錠」「ジブリの砂時計」といった作品が一緒に投稿されていましたが、現時点で商品化の予定はあるのでしょうか?

「すいません… こちら契約上ノーコメントとさせてください……。」

残念ながら実物は存在しないという猫の足跡ペットボトルですが、商品化オファーは募集中とのこと。いつか実物に出会える日が来るかもしれませんね。

(まいどなニュース特約・シュゴウ)