筆者は小学生の時、サイコロを振り、出目に従って目的地を目指す鉄道旅行を夢想したことがあります。しかし、それが本当に実現するとは思いもしませんでした。JR西日本が発売を始めた「サイコロきっぷ」が話題になっています。

JR西日本が発売した「サイコロきっぷ」

JR西日本は7月1日に「サイコロきっぷ」の発売を発表しました。ようはオンライン上でサイコロを振り、各出目で指定された目的地まで割安で旅できるきっぷです。サイコロの出目は白浜、餘部(城崎温泉)、東舞鶴(西舞鶴)、倉敷(岡山)、芦原温泉(福井)、尾道、博多です。

気になる確率は白浜、餘部、東舞鶴、倉敷、芦原温泉がそれぞれ1/6、尾道が5/36、博多が1/36です。料金はエントリー代を含めて1名あたり1回5000円(往復料金)。新幹線・特急列車(普通車指定席)が利用できます。運がよければ新大阪〜博多間の往復料金が5000円になるということです。なお区間設定は大阪市内発着に限ります。

発売期間は7月29日から10月29日まで、利用期間は7月29日から10月31日の連続する3日間となり、10月29日利用開始分までの販売となります。

さらにグループ旅行にも使え、エントリー1回につき最大6名まで利用できます。ただし料金は人数分必要です。

利用にはオンライン上のエントリーが必要

さて、これだけ魅力的なきっぷですが、購入にあたっては「みどりの窓口」でサイコロを転がす……というわけではありません。オンライン上でのエントリーが必要です。

最初にJR西日本が運営するJ-WESTネットで無料会員登録を済ませ、WESTERアプリをダウンロードします。次に「サイコロきっぷ」のエントリーを行います。エントリーは有料(4500円)で、クレジットカード払いのみとなります。エントリー手続きにおいて、WESTERアプリ内でサイコロを振り、旅先が決定します。

ただしエントリーが済んだからといって、すぐに「サイコロきっぷ」が使えるわけではありません! エントリー後から「サイコロきっぷ」が購入可能になるまで最大10日分を要するとのこと。

「サイコロきっぷ」が購入できるようになると、会員サポートペ―ジ「お知らせ」に表示されます。つまり旅行日から逆算してエントリーする必要があります。なおエントリーは2回行えます。

購入はJR西日本ネット予約「e5489」から。購入料金は500円です。「サイコロきっぷ」の受け取りは5489サービスの表示があるJR西日本「みどりの券売機」「みどりの受取機」「みどりの窓口」で行います。

Z世代を意識した「サイコロきっぷ」

「サイコロきっぷ」はJR西日本が運営するZ世代向け情報発信プラットフォーム「アオタビ」の企画の一つとして行われます。Z世代は一般的に1996年〜2010年代初頭生まれの世代(12歳以降)を指すと言われています。

とても興味深い企画ではありますが、気になることはエントリーや購入にあたってクレジットカードが必須だという点。18歳未満の方はクレジットカード発行を申し込むことはできません。ですから18歳未満の方は「青春18きっぷ」の方が使いやすいのではと思ってしまいますが、どの程度Z世代に受け入れられるでしょうか。

(まいどなニュース特約・新田 浩之)