能登半島地震後、「ナプキンより水や食糧が大事」「1日1個で足りる」「男にも何か配ってくれないと不平等」といったあまりに理解や知識の乏しい議論が繰り広げられている生理用品。生理は知っていても実態がわからず、避難所や実生活でどれほど必要なのかが伝わらないままです。

そんな中、一般社団法人JOYのささきさん(@MinaMina_h_h)がX(旧Twitter)に投稿した写真と文書が話題に。そこには、ささきさん自身が1回の生理期間中に使用するナプキン量の写真が添付されています。

写っているのは、ナプキン夜用35cm×2袋(26個)、特に多い夜用40cm1袋(7個)、多い夜用30cm1袋(17個)、多い夜用29cm1袋(15個)、ショーツ型ナプキン2袋(7個)、シンクロフィット1箱(12ピース)。ささきさんは経血量が多く、この量を1回の生理期間のためにストックしていたそうです。

経血量には個人差があり、ささきさんよりも、ナプキンの数が少なくすむ方がいるのも事実ですが、多く必要な方もいることでしょう。

「とくに、2、3日目からは量が多くて大変。被災地に充分な量が届いてほしい」
「10枚入りなら10人に行き渡るやん!じゃないんですよね。トイレ行くたび替えるし」
「水不足でお風呂に毎日入れないなら、せめてトイレ回数、交換する回数増やさないとかなと思うので、もっと必要かもしれない」
「大袈裟じゃなくコレ。長い子は1週間以上ダラダラ続いたり、1度の経血量多くて赤ちゃんのおむつ状態だったり」
「軽くて短く終わるひともいれば、七転八倒したりメンタルにきたりする人もいる。過多の人もいる。ただでさえ辛い避難所生活、無知や偏見のせいで十分な生理用品が手に入らないとしたらあまりにも理不尽」

この量が珍しくはないことや、生理への理解を求める声、被災地を心配する声、防災セットを見直す声などが続々と届いています。

ささきさんは、北海道函館市を中心に活動する「一般社団法人JOY」の代表。「生理用品無料配布プロジェクト」を積極的に実施しており、寄付や支援金から、北海道内の学校や配布スポットなどに無料ナプキンを常備設置。未成年者に生理用品を届けたり、様々な理由で生理用品が手元にない方々へ全国発送する活動を行いながら、生理に関する情報をSNS上で発信し続けています。

ささきさんに今回の投稿への思いを詳しく聞きました。

生理は排泄と同じ、我慢することではない

――地震の2日後に、ナプキン量の写真を投稿をされていました。

他人がナプキンをどのくらい使っているのか分からないと思います。〇パックと言ってもピンとこない方も多いので、可視化する事で「こんなに使う人もいるのか」と分かって欲しいと思いました。

――男女問わず「こんなに使うの!?」と驚く方も少なくないと思います。

これは私が実際に使っていた量になります。生理が始まる前はずっと気持ち悪くて吐き、生理になっても腹痛で鎮痛薬が必須、経血も多いのと不順だったので、いつもトイレにナプキンを置いておかないとダメでした。経血の量って誰かと話すわけではないから、それが普通なのか異常なのかもわかりません。

家であれば、次回に少し残すために若干多く用意していました。生理が始まってナプキンを買いに行くのではなく、常にストックしてる方が大半なのでそれも含めて知って欲しいと思っています。

――確かにある程度の量をストックしておきたいものです。

そして災害時だからこそ、可能な限りナプキンはこまめに換えて欲しいです。ストレスで不順になってしまう事もあるし、お風呂に入る機会が少なくなるので菌の繁殖も普段より多くなると思います。

匂いや肌荒れの他にも、細菌が原因で病気を引き起こすこともあり、ナプキンを交換せずに増えた雑菌が膣から体内に入り重篤な疾患にかかる可能性もあります。例えば3時間おきに交換するとしたら1日8枚。8×7日=56枚が1人で必要です。生理は排泄と同じで、我慢することではないです。

――JOYでは現在、被災地への支援物資も募り、然るべきタイミングで届ける予定だそうですね。

私たちと繋がっている方々の中には、東日本大震災で被災した方々もいらっしゃいます。その方々から「ニュースと現実は若干のズレがある事」を聞いています。復興まではかなりの時間を要すでしょうし、支援物資も継続的に必要です。

生理用品だけではなく、小さい子供たちへの折り紙やお絵描きセットなども…。お菓子をみんなで食べると明るい気分になれる人もいたそうです。みんなが少しでも前向きになれる支援が必要だと考えています。

ナプキンを換える推奨頻度は?生理用品大手メーカーに聞いてみた

生理に関する基本的な情報や生理用品の使い方について、生理用品のメーカーであるユニ・チャーム株式会社(東京都港区)ESG本部広報室の藤巻尚子さんにお話を伺いました。

生理は個人差大、なぜ交換しないといけないの?

ユニ・チャーム公式サイトのコンテンツ「ソフィ 生理のケア&アドバイス」によると、正常とされる生理の日数は3〜7日程度、1回の経血量は20〜140mlと言われていますが、それ以上多い方もいます。経血量には大きな個人差があり、その時のホルモンの状態によっても大きく異なるそうです。

一般的に2〜3日目の経血量が多く、それから徐々に減っていきますがこれも個人差があること。ナプキンが1時間ももたないほどの経血が出るなど、日常生活に支障がある場合は婦人科への相談をおすすめしています。

――成人女性1回の生理でどのくらいの生理用品の消費の想定を?

個人差があることなので具体的に個数などで計れていないのですが、2〜3時間に1回は交換することを推奨しています。

ナプキンには厚さや長さ、ショーツ型、羽つき、羽なしなど形状も様々なものがあり、タンポンや月経カップなどの生理用品もありますので、自分の肌や生活スタイルにあったものを清潔に使って生理期間を過ごしていただきたいと考えています。

――適切に交換することが大切なのですね。

ナプキンは、基本的に経血を吸収し肌がべたつかないように開発しています。それでも長時間使用すると雑菌が繁殖する恐れもあり、臭いがきつくなったり、痒みがでてきたりといった症状が想定されます。雑菌が繁殖するとそれが病気の元にもなりかねないため、できるだけ清潔な状態を保つことが重要です。

タンポンは、正しい使用方法を守らなければ「トキシックショック症候群(TSS)」という症状が起きる可能性が高まります。黄色ブドウ球菌の中でも毒素を産生するものが原因で起こる急性疾患で、初期症状として突然の高熱を伴う発疹や倦怠感、嘔吐、下痢、充血などがあります。

こちらは、タンポンを使用する際に手を清潔にしていないことや長時間の使用、取り忘れなどから発症するといわれています。TSSと思われる症状を発症した場合は、重篤な症状を引き起こす可能性もありますのですぐに婦人科など専門の病院へご相談ください。

生理用品を備蓄したら…どれぐらいで見直しを?

――この度の地震後、御社も一般社団法人 日本衛生材料工業連合会を通じて緊急支援物資を供出されておられました。

被災地ではなかなか支援物資が届かないことが予想されます。そのためにも普段から防災備蓄品の見直しをお願いしたいです。ナプキンであれば昼用・夜用など使い慣れたもの、またデリケートゾーンを清潔に保つためのウェットティッシュなどがあればより衛生的に過ごせます。そして、備蓄品については3年を目安に定期的に見直すことを推奨しています。

災害時を「非日常」として我慢するのではなく、なるべく日常に近い生活が送れるような備えをしておくことが大切です。備蓄品は災害時だけのためのものではなく「ローリングストック」を習慣にし、災害時でも使い慣れたものが使える環境を整えておきましょう。

「被災地ではなかなかトイレに行けない」「あえて我慢する」「交換しづらい」「ナプキンが2個しかもらえなかった」といった報道も見聞きしております。「取り換えたくても取り換えられない」といった状況があることも心苦しいです。生理への正しい知識と理解を男女問わず様々な世代に広めなければと感じております。

◇    ◇

生理は25〜38日周期が一般的と言われていますが、環境の変化や精神的な影響にかなり左右され、ずれることや突然始まることも少なくありません。初潮を迎えて数年は周期も定まりにくく、不順の方は次の予測をすることも難しい。こういったことからも、どんな状況であれ様々なサイズや形の生理用品をストックできていれば安心ですし、どれだけあっても困るものではありません。

災害時にピルで生理を調整することを提案する人もいますが、「全員がピルを飲めるわけではないし、そもそも震災前からピルを飲んでいないと意味がない。早くて小学2年生から生理が始まる子もいる。全ての方が衛生的に使えるのは、ナプキンだと思っています」とささきさんは警鐘を鳴らします。

2月16日時点の発表では、約1万3千人の方が避難所での生活を今も続けておられます。引き続き長期にわたる支援が必要になると考えられますが、女性の生理にまつわる課題や問題が少しずつでも解消されていくことを願ってやみません。

いざという時のため、防災バッグにナプキンやデリケートゾーン用ウェットシートなども追加し、備えておくことが大切。防災バッグすら持ちだせないレベルの災害が起こることも予想されます。避難所となる場所で生理用品が十分常備されているのが当たり前となってほしいものです。

【一般社団法人JOY関連情報】
雑貨店を経営していたささきさんが、テレビで偶然観た「生理用品が買えない方のニュース」をきっかけにトイレで生理用品を配布した事からJOYがスタート。法人化し、生理用品無料配布を入口に「困りごとや生きづらさ」のある人たちを支援・サポートする活動を継続中。函館市内で月1回ご飯を提供するイベント「みんなの居場所ここみカフェ」を開催。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 真弓)