神戸製鋼所の品質データ改ざん問題に関連し、経済産業省は15日、神鋼のグループ会社コベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)の銅管製品について、工業製品の品質や安全性の基準である日本工業規格(JIS)の認証を取り消されたと発表した。同工場では10月にも別の銅管製品でJIS認証が取り消されている。

 経産省によると、新たに認証が取り消されたのは給湯器などに使われる銅管製品。同工場は、品質検査で銅管の厚みがJIS基準を満たしていなかったにもかかわらず、JISマークを付けて出荷していた。製品の安全性に問題はないという。

 また、同工場は国際標準化機構(ISO)の品質管理に関する国際規格「ISO 9001」の認証も取り消された。品質管理体制が不十分と判断されたため。【片平知宏】