◇神鋼メタルプロダクツ 本体の真岡製造所は一時停止

 神戸製鋼所は8日、アルミ・銅製品の品質データ改ざんを受け、アルミ工場の真岡製造所(栃木県真岡市)が日本工業規格(JIS)の認証機関からJIS認証の一時停止処分を受けたほか、子会社で銅製品工場の神鋼メタルプロダクツ本社工場(北九州市)がJIS認証の取り消し処分を受けたと発表した。

 神戸製鋼はこれまで長府製造所(山口県下関市)がアルミ製品でJIS認証の一時停止処分を受けたほか、子会社のコベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)が銅製品でJIS認証の取り消し処分を受けている。アルミ・銅製品の不正でJIS認証機関からJIS製品の出荷自粛を求められていた神戸製鋼グループの4工場は、いずれも認証機関から「不適切」と判断され、処分を受けることになった。【川口雅浩】