昨年末に解散した国民的アイドルグループ「SMAP」の元メンバー、稲垣吾郎さん(43)、草なぎ剛さん(42)、香取慎吾さん(40)の3人について、所属するジャニーズ事務所が9月8日に契約を終了することを発表した。解散から約半年、「SMAPロス」のいまだ癒えぬファンたちは、中居正広さん(44)の予想外の“残留”をむしろ歓迎しているように見える。なぜなのか。【小国綾子、大村健一/統合デジタル取材センター】

 ◇ツイッターでは大喜利も

 <(S) 三人が(M)まずは自由になるんだよ(A)あとから二人も合流し(P)パワー全開SMAP再始動!>

 <(S)しんご・ごろう・つよし(M)まさひろ・たくや(A)あつまる日のための(P)準備(prepare)だね!>

 <(S)スマヲタ<SMAPオタクの略>は(M)まだまだ踏ん張る(A)愛あるやり方で(P)パーフェクトビジネスアイドル守るのさ>

 ジャニーズ事務所の発表後、ツイッターではSMAPファンが「♯ジャニーさんに対抗SMAP大喜利」というハッシュタグを作成し、活発に投稿している。

 契約終了発表について、ジャニー喜多川社長が珍しくコメントを発表し、「SMAP」の名前を使って「(S)すばらしい(M)MEMORIES(A)ありがとう(P)POWER」としたのを、もじった形だ。

 ジャニー社長のこのコメントに対しては「イラっとした。その思いが本当ならどうして5人を守ってくれなかった?」「MEMORIES、ってSMAPを過去の話にしないで」「おめでたい気がした」などの声もある。

 しかし、ファンの“大喜利”の内容は、誰かを批判するものよりも、むしろ前向きでユーモアに満ちた内容が目立つ。「これからも応援していく。SMAPロスを悲しむひまなんかありません。社長の大喜利より、ファンの作品の方がずっと感動的ですよ」(20歳女性)、「再結成を信じる気持ちと、何とかユーモアと笑いで精神的なショックを乗り切ろうという気持ちが半々です」(52歳女性)。

 解散発表から10カ月、実際の解散から半年。SMAPロスを抱えながらも、存続を願い、37万筆以上の署名を集め、新聞に広告を掲載するに至ったファンたちは今、ますます連帯感を強め、前向きなツイートで励まし合っている。

 ◇「今まで以上に応援していく」

 昨年の解散発表後、グループの存続を求めて約37万人の署名を集め、ジャニーズ事務所に提出したファン団体「5☆SMILE」で代表を務めた兵庫県尼崎市の主婦、田辺明恵さん(48)は「残留にせよ、独立にせよ、(メンバーは)決心するまでしんどい時間を過ごしたと想像し、胸が締めつけられた。どちらの決断をしても今まで以上に応援していこうという熱い思いは変わりません」と話す。

 また、今後について「ジャニーさんのコメントは5人もうれしかったと思う。これまでジャニーズ事務所から独立した人たちは(仕事を)干され、つらい状況に追い込まれているようにみえる。独立する3人が変わらず活躍できるよう理不尽な掟があるのならば何とかしていただきたい」と願いを込めた。

 ジャニーズ事務所にアイドルとして所属していた男性も「SMAPは事務所のごたごたに巻き込まれて壊された感じ。独立するメンバーについて、事務所からテレビ局に圧力がかかるというより、テレビ局など周囲が気遣って起用しにくくなることはあるのではないか」と案じる。

 ◇「誰も裏切り者と責めたくない」

 今回、最も驚かれたのが、中居さんの「残留」だ。ただ、解散騒動の時に木村拓哉さん(44)を「裏切り者」とする風潮があったのに比べると、中居さんへの風当たりはそう強くないように見える。

 スポーツ紙やテレビのワイドショー番組でも「責任感の強い人。テレビで冠番組を多く持つため、番組スタッフらへの迷惑を避けたかった」「再結成への道を残すため」「『僕らのことは構わない』と3人が中居さんに残るよう勧めた」など感動的な臆測が飛び交う。

 20年以上ファンという女性(29)は「中居さんが残ってくれたお陰で、テレビの彼の冠番組に辞めた3人をゲストとして呼ぶ道が残された。5人は無理でも、メンバーが一緒にいる場面をテレビで見られるだけで感涙してしまう。残留は、誰よりSMAPを愛する中居さんの、ファンへの恩返しだと思う」と熱く語る。

 「中居さんは自分を語る力も、共感力もあるから、3人の気持ちをちゃんと受け止められる人。残留してくれることで、メンバーが集まって過去を振り返るような将来への期待がかえって高まりました」(54歳女性)という声も。

 ファン心理に詳しい聖心女子大の小城英子・准教授(社会心理学)は「残留の真相は分からない」と前置きしつつ、好意的な解釈が目立つのはファンの喪失感の深さゆえ、と見る。「SMAPは、個がつぶされることなく集団でもパフォーマンスできるように見える点で、ファンがそこに人間関係や組織の理想像を見いだしやすいグループアイドルでした。だからこそ、『メンバーの仲違い』や『裏切り』という解釈をファンはしたくない。事務所など他に悪者を探したり、中居さんの残留を好意的に解釈したりしようとするのは、ファンの思いが深いがゆえなのでしょう」

 なにはともあれ。今回の取材で、多くのファンが口をそろえた言葉は「メンバー本人の言葉だけを信じます」「誰も裏切り者と責めないで」「3人の将来はしばらくそっとしておいてあげて」だった。どんな時もくじけずに「夜空ノムコウ」の明日を信じて、メンバーのことをひたすら思うのがファンなのである。