兵庫県警は20日、同県稲美町中村にある指定暴力団・神戸山口組(本部・同県淡路市)の関係先建物に、銃弾が撃ち込まれたような痕が見つかったと発表した。現場は同組組長の井上邦雄容疑者(68)=京都府警が傷害容疑などで逮捕=の別宅とみられる。同日未明に銃声を聞いたとの証言があり、県警は警戒を強めている。

 県警暴力団対策課などによると、弾痕のような穴は屋根のひさしで1カ所、門で数カ所見つかった。けが人はなかった。この建物には傘下の暴力団員が出入りしていたという。

 現場はJR東加古川駅の東約2キロ。近くの男性は「(20日)午前2時半〜3時ごろ、銃声のような音を聞いた」と不安そうに話した。

 神戸山口組では、今年4月に一部の組員が離脱し、新組織の結成を表明。さらに井上容疑者が逮捕され、トップ不在の不安定な状況にある。