20日午前9時45分ごろ、東京都品川区南大井1の路上で、近くに住む女性会社員(68)が頭から血を流して座り込んでいるのを通行人が見つけて110番した。女性は病院に運ばれたが、頭を骨折し意識不明の重体。警視庁捜査1課は女性が近くの路上で何者かに襲われた通り魔事件とみて、殺人未遂容疑で調べている。

 同課によると、女性は直前に自宅を出て、約300メートル離れた職場に自転車で向かう途中だった。女性は襲われた直後は意識があり、「自転車に乗っていたら後ろから鈍器のようなもので何度も殴られた。犯人は男のような服装だった」と話していたという。

 現場は京浜急行立会川駅の南約200メートルで、住宅地の中を通る幅約3.5メートルの道路。女性はいつもこの道を通って出勤していたという。近所の女性(79)は「住民の生活道路で人通りがある場所。こんなところで襲われるなんて怖い」と話した。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】