100歳を超えて現役の医師として活躍し、「元気に老いる」を体現した聖路加国際病院名誉院長で文化勲章受章者の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが18日、呼吸不全のため死去した。105歳。葬儀は29日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所。喪主は長男明夫(あきお)さん。

 1911年山口県生まれ、京都帝大医学部卒業後、41年に聖路加国際病院に内科医として赴任し、2012年に聖路加看護大(現聖路加国際大)理事長の座を退くまで、一線で働き続けた。同病院名誉院長、聖路加国際大名誉理事長に就任後も車いすで時折緩和ケア病棟を訪れ、患者と言葉を交わしていた。同病院によると、日野原さんと話すことが患者の生きがいや喜びにつながっていたという。

 早くから予防医学の重要性を説き、民間では初となる人間ドックを同病院に開設。成人病と呼ばれていた脳卒中などを「習慣病」と呼ぶよう提言し、予防に取り組む重要性を訴えた。その後、「生活習慣病」として定着した。「75歳以上」の人を「新老人」と名付け、2000年には「新老人の会」を設立。老後の新しい生き方を提唱した。

 東京大空襲でも診察に当たり、薬不足などで救えなかった経験から「命と平和の尊さ」を訴え続けた。95年のオウム真理教による地下鉄サリン事件で病院長として陣頭指揮を執り、多くの被害者を受け入れた。58歳だった70年には「よど号」ハイジャック事件に遭遇した経験もある。

 聖路加国際病院によると、日野原さんは3月20日に消化器系統が悪化。胃に直接栄養を届ける胃ろうの設置などの提案を断り、自宅で家族らの介助を受けていた。今月14日に意思の疎通が困難な状態に陥ったという。

 今月29日に病院葬を営み、31日から8月4日に同病院内礼拝堂に献花台を設ける予定。

 老いの在り方を説いた「生きかた上手」(01年)など一連のシリーズがベストセラーになるなど多数の著書がある。98年に東京都名誉都民、99年に文化功労者、05年に文化勲章受章。