生後3カ月の長男を自宅に約10時間放置したとして、大阪府警は17日、大阪市住之江区の自営業の父親(36)と母親(19)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。長男はうつぶせ寝の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。目立った外傷はなかった。府警は同致死容疑も視野に、18日に司法解剖して詳しい死因を調べる。

 逮捕容疑は16日午後11時ごろから17日午前9時ごろ、住之江区内の自宅に長男を置き去りにして外出し放置したとしている。両親は容疑を認め、父親は「何回か息子を置いて買い物に出かけたことがあり、大丈夫だと思った」、母親は「冷房を入れて外出した」と供述しているという。

 府警住之江署によると、両親は長男との3人暮らしだったが当時父親は別居中。母親が長男にミルクを与えてベビーベッドに寝かせ、父親と市内のホテルに向かい、帰宅して異変に気付いた。【三上健太郎、藤河匠】