千葉県警は10日、女性の後ろ姿を無断で写真に撮ったとして、同県警君津署生活安全課長の男性警部(45)を県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で千葉地検木更津支部に書類送検した。警部は同日付で減給10分の1(6カ月)の懲戒処分となり、依願退職した。

 捜査関係者によると、送検容疑は7月18日夕、同県木更津市内のディスカウントストアで、30代の女性客の後ろ姿をスマートフォンで撮影したとしている。「後をつけられている」と感じた女性が別の人を通じて110番した。女性はホットパンツ姿で下着などは写っていなかった。警部は勤務終了後だったといい、調べに「仕事上のストレスがあった。撮影するスリルで解消した」と話したという。

 県警監察官室は「県民におわびする。職員の指導を徹底し、信頼回復に努める」としている。【富美月】