12日午後3時半ごろ、大分県別府市の遊園地「城島高原パーク」で、木製ジェットコースター「ジュピター」のレールを点検していた作業員2人が無人のコースターにはねられた。このうち1人が死亡し、1人が重傷を負った。県警が詳しい原因などを調べている。

 県警などによると、死亡したのは、メンテナンス会社従業員の大久保崇さん(44)=大分市。重傷者は城島高原パークの運営会社従業員の男性(45)=別府市。2人はコースターの乗降場から150メートル先のレール内で作業中にはねられたとみられる。コースターは試運転中の新型車両だったという。

 同パークでは、7月から新しいコースター(6両編成の24人乗り)を導入。この日は旧車両のみを走行させていたが、客が増えたため新型車両も走行させようと事前に試運転していた。来場者にけがはなかった。

 ジュピターは、6万本の松の木で組み上げた日本初の木製コースターで1992年に運転を開始。これまで大きな事故を起こしたことはなかった。同パークは「車両は大きな音を立てて動くので接近に気がつかないとは考えにくい。原因を究明し、再発防止に努めたい」と話している。ジュピターの営業運転は13日から当面休止する。【安部志帆子、大島透】