12日午後2時10分ごろ、山梨県身延町釜額の本栖湖で、神奈川県鎌倉市二階堂の大学生、佐俣海馬(かいま)さん(25)が湖で遊泳中に行方が分からなくなったと、友人から近くのキャンプ場を通じて110番があった。駆けつけた山梨県警富士吉田署員らが湖の沖合約5メートル、深さ約5メートルに沈んでいる佐俣さんを発見。約2時間半後に引き上げたが、死亡が確認された。

 同署によると、佐俣さんは友人とゴムボートで湖を遊船中、湖に飛び込んで岸に向かって泳ぎ出し、その後行方が分からなくなったとしている。死因を調べている。【滝川大貴】