「ねぇ あなたも解体してほしいの?」。新潟件長岡市坂之上の長岡商工会議所1階でお化け屋敷「サリーの解体新書」が開かれており、中高校生らの悲鳴が響いている。

 市商店街連合会などが企画。全国の人気お化け屋敷を2泊3日で視察し「良いところ取り」で手作り。長岡造形大の学生らが迫真の演技でお客さんを怖がらせている。

 塾帰りに立ち寄った新潟大教育学部付属長岡小3年の佐藤瑛人さん(9)と星野心祇さん(8)は「ちっとも怖くなかった」「もう来たくない」と対照的。ただ2人とも手汗で冷たくなっていた。20日まで。中学生以上500円、小学生以下200円。【金沢衛】