名古屋市西区のウェスティンナゴヤキャッスルで12、13の両日、子ども向けイベント「サマーフェスティバル2017」が開かれ、パティシエ(菓子職人)体験コーナーがにぎわった。

 ホテルのパティシエの指導で、子どもたちがイチゴのショートケーキを作った。愛知県大治町から祖父母らと訪れた三橋このかさん(5)は「クリームで花を作った。かわいくできた」と喜んでいた。バイキング形式の食事などもあり、3世代で楽しめる。開催3年目で、ホテルの担当者は「正月は年越しのお客様が多いが、お盆もホテルと言われるように恒例行事にしたい」と話していた。【黒尾透】