神戸市長田区で指定暴力団・神戸山口組から離脱した新組織「任侠(にんきょう)山口組」関係者が射殺された事件で、殺人容疑で指名手配されている神戸山口組の中核組織「山健組」(神戸市)傘下の暴力団組員、菱川龍己容疑者(41)の身分証が、拳銃2丁が入っていたかばんの中から見つかっていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 かばんは16日早朝、同市北区山田町東下の歩道脇で通行人が発見。捜査関係者によると、その中に菱川容疑者の身分証があった。

 菱川容疑者の関与は、事件現場での目撃情報や現場近くの防犯カメラの映像などから、かばん発見前に既に浮上していた。そのため県警は、かばんの中にあった拳銃が事件で使われた可能性があるとみて鑑定を進める一方、身分証を残したことには不可解な点もあるとして、かばんが置かれた状況なども調べている。

 事件は12日午前10時5分ごろ発生。新組織の織田絆誠(よしのり)代表(50)の警護役、楠本勇浩(ゆうひろ)さん(44)が射殺された。