大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸して宮崎県沿岸部を北東に進み、同日午後5時ごろ高知県宿毛市付近に再上陸した。四国、近畿地方を暴風域に巻き込んで、18日には日本海を抜けて北海道に達する見通しで、東北地方と北海道は大荒れになる恐れがある。大分、宮崎両県では局地的な大雨で河川氾濫の恐れがあるなどとして、計約13万人に避難指示が出た。

 気象庁によると、台風18号は17日午後11時現在、福井県小浜市付近を時速60キロで北東に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。大分県臼杵市や佐伯市、宮崎県延岡市など7市町の約5万9000世帯約13万4000人に避難指示が出た。【島田信幸、山下俊輔】