15日午前8時ごろ、岩手県奥州市江刺区岩谷堂の県道で、道沿いの斜面から高さ約7メートル、幅約12メートルの岩が落下した。走行中の車2台が岩に衝突し、それぞれ運転していた女性2人が軽傷を負った。

 江刺署によると、軽乗用車を運転していた女性(62)が胸に、乗用車の女性(45)が腰にそれぞれ軽いけが。

 道路を管理する岩手県県南広域振興局によると、落石の影響で、現場付近の約2キロが全面通行止め。現場の斜面には亀裂があり、再び崩落する恐れがあるため、通行止めは数日間続く見通しという。【小鍜冶孝志】