人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)などの画像データを発売前にインターネットサイトに掲載したとして、著作権法違反の罪に問われた秋田市のウェブデザイナー、堀田井良史被告(32)の判決公判が8日、秋田地裁(三浦隆昭裁判官)であった。三浦裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年と罰金50万円(求刑・懲役1年6月、罰金50万円)を言い渡した。

 三浦裁判官は「犯行は職業的、常習的で悪質。著作権者らが被った損害は大きい」と指摘。一方で堀田井被告が「被害の賠償に努め反省している」などとし、執行猶予を付けた。

 判決によると、堀田井被告は2016年7月〜今年5月、「ワンピース」や「トリコ」など計3作品の画像について、作者などの許可を得ないまま「ネタバレサイト」と呼ばれるサイトに掲載し、著作権を侵害した。

 事件は秋田県警と熊本県警の合同捜査により摘発。被告は初公判で起訴内容を認めていた。【川口峻】