観光ビザで来日し、転売目的で医薬品を万引きしたとして、大阪府警南署は11日、いずれも韓国籍で、自称・会社員の趙起範(チョ・キボム)(25)と、自称・自営業の李慧軟(イ・ヘェヨン)(29)の両容疑者を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。南署は2人の滞在先のホテルから1000点以上の医薬品(約150万円相当)を押収。「日本や母国で転売するため、朝から7回ほどに分けて盗んだ」と供述しているという。

 逮捕容疑は9日午後6時10〜20分ごろ、大阪市中央区のディスカウントショップで、胃腸薬や湿布薬など52点(約12万円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、両容疑者は8日に来日。被害に遭った店には9日朝から7回来店し、防犯カメラには事前に用意したレジ袋に商品を入れる様子が映っていた。

 今回も含め、李容疑者は昨年9月から計12回来日。うち8回は趙容疑者と一緒だったという。同署は過去にも万引きを重ねていなかったか調べを進める。【竹田迅岐】