神奈川県横須賀市のマンションの一室で変死体で見つかった男性について、県警は8日、司法解剖の結果、死因が失血死だったと発表した。心臓の損傷が原因とみられ、胸部など上半身には刃物で刺されたような傷痕が十数カ所あった。部屋で暮らす60代男性と20代男性の親子2人と連絡が取れておらず、県警は遺体の身元の特定を進めるとともに、殺人事件の可能性があるとみて調べている。

 現場は横須賀市太田和1のマンション4階の一室。県警捜査1課によると、この部屋の住人が借りている駐車場の料金が未払いで、駐車場の担当者が部屋を訪れたところ、異臭がしたという。担当者は7日午後1時25分ごろ、県警横須賀署に連絡。部屋は施錠されており、警察官が部屋に入ると、男性が床に倒れて死亡していた。死後2週間前後、経過している可能性がある。【洪玟香】