山梨県教委は12日、児童ポルノの動画を所持したとして、県教委の男性職員を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。県教委は「本人が特定されることで過重な社会的制裁になる」と年齢や所属していた学校を明らかにしていない。

 県教委などによると、男性は2019年3月下旬、児童ポルノの動画14本を所持したとして、児童ポルノ禁止法違反(所持)で今年1月8日に甲府簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。男性は19年4月に県教委に異動するまで、県内の公立学校で教諭として働いていた。【野呂賢治】