東京都は14日、前日に続き記者会見などを開いた。内藤淳・都福祉保健局長らによると、13日に新型コロナウイルスの感染が確認された個人タクシー運転手の70代男性は1月18日、屋形船で開かれた東京・城南地区の個人タクシー組合支部の新年会に妻と出席。新たに感染が確認された屋形船のアルバイトの70代男性は、新年会より前の1月15日か16日、中国・武漢市からの観光客と接触していたことが確認されたという。

 新年会には支部所属の他の運転手や家族約80人が出席し、10人ほどに発熱などの症状がある。感染が分かったもう一人は、支部の50代の女性職員で新年会に出席しなかったが、業務で運転手と接触があった。

 都は、新年会参加者を中心に、運転手の男性と濃厚接触した約100人を把握しており、症状の有無にかかわらず全員を検査する。【内田幸一】