横浜市で新型コロナウイルスワクチンの高齢者の集団接種予約サイトがアクセス集中により受け付けを中断する不具合があり、市は4日、サイトと電話で5日午前9時から予約を再開すると発表した。中断による接種の遅れはないという。

 市は3日午前9時から予約受け付けを始めたが、1分あたり最大100万件を想定していたアクセスは開始直後に約200万件に上り、45分で受け付けを中止した。サーバーを新設し、600万件に対応できるという。担当者は「ご迷惑をおかけし大変申し訳ない。供給できるワクチンと接種できる会場は今後増え、必ず打てるので焦らず予約してほしい」と話している。

 集団接種は17日に始まる予定で、予約の対象者は80歳以上の34万人。市はサイトとコールセンターで、17日〜6月6日の計7万5000人分の予約を受け付ける。3日に予約できたのはこのうち2588人だった。【洪玟香】