大雪の影響で各地の高速道路では立ち往生が発生した。

 中日本高速道路によると、25日未明から、新名神高速道路の四日市ジャンクション(JCT、三重県)−甲賀土山インターチェンジ(IC、滋賀県)の上下線の複数の場所で、トラックなどが立ち往生している。三重県警によると、同区間の下り線では、25日午前11時半時点で約10キロにわたり立ち往生した。

 同社は25日午前3時50分ごろから、四日市JCT―亀山西JCTの上下線と、亀山JCT―甲賀土山ICの下り線を通行止めにしている。同社では、ドライバーからの通報を受けて、職員が現場に食料や飲料水などを持って救援に向かっている。これまでに、スリップなどによる事故は把握していないという。

 三重県亀山市消防本部によると、25日午前10時半ごろ、新名神高速で動けなくなった運転手から「気分が悪い。吐き気がする」と119番があり、救急車が現場に向かった。立ち往生に伴うけが人の情報はないという。【原諒馬】