京都三大祭りの一つ、「葵祭(あおいまつり)」の中心行事「路頭の儀」が15日、京都市内で行われた。平安時代の宮廷装束に身を包んだ約500人が京都御所(上京区)を出発し、初夏の都大路を練り歩いた。約1キロにも及ぶ華やかな王朝行列が沿道の見物客を魅了した。

 葵祭は世界文化遺産の下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)の例祭で、6世紀に災厄退散や五穀豊穣(ほうじょう)を願って始まったとされる。

 行列は、京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社までの計約8キロを進んだ。祭りのヒロインとなる66代目の「斎王代(さいおうだい)」は京都市中京区の会社員、松浦璋子(あきこ)さん(22)が務めた。色鮮やかな十二ひとえ姿で「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿(こし)に乗り、見物客らの歓声を浴びた。

 京都府警によると、沿道には約3万5000人が見物に訪れた。【大東祐紀、日高沙妃】