安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、自らが目標として掲げる「2020年の改正憲法施行」について「あくまでも希望であり、私が述べたスケジュール通りになるとは毛頭思っていない。それは国会が決めることだ」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

 首相は、目標については「憲法論議について遅々として進まない中において、一石を投じる思いで答えた」と強調した。