大相撲名古屋場所(愛知県体育館)は17日、9日目を迎えた。全勝でターンした白鵬を高安、碧山が1敗で追う。

 白鵬は、結びの一番で初顔合わせの輝を迎え撃つ。白鵬が勝てば、勝ち星が元横綱・千代の富士の持つ歴代2位の通算1045勝に並ぶ。

 高安は対戦成績が9勝8敗とほぼ互角の嘉風と。碧山は2勝6敗と負け越している千代の国との顔合わせ。1敗を守り、白鵬を追うことができるか。

 一方、2連敗後に6連勝と復調した日馬富士は初顔合わせの宇良と対戦。後半戦を盛り上げるためにも、きっちりと白星を積み重ねたい。

中入後の取組

(数字は対戦成績、初は初顔合わせ)

宝富1−0錦木

佐海3−4豪風

荒鷲3−6蒼国

臥牙3−2大丸

千丸(初)松鳳

千大5−2琴勇

碧山2−6千国

貴岩1−0石浦

隠岐(初)阿武

逸城0−1大栄

徳勝0−4栃煌

勢1−0北富

正代2−2栃心

琴奨3−3御嶽

玉鷲(初)貴景

高安9−8嘉風

千翔0−1豪栄

宇良(初)日馬

白鵬(初)輝