○DeNA2−1ヤクルト●(17日、横浜)

 DeNAが競り勝った。先発の今永は球威ある速球の制球がさえ、七回途中まで3安打無失点。その後は5投手の継投で逃げ切った。打線では筒香が本塁打を含む2安打2打点。打線が振るわなかったヤクルトは、1970年以来の11連敗。

 ヤクルト・真中監督 攻めきれなかった。原樹は6回2失点。今日(の敗戦)は投手の責任ではない。野手がなんとかカバーできるようにしたい。