第99回全国高校野球選手権大会は第4日の11日、1回戦4試合。第2試合は、横浜(神奈川)と秀岳館(熊本)の対戦。強豪同士の注目の試合は、初回に3得点をあげた秀岳館(熊本)が6−4で横浜(神奈川)を降し2回戦へ進んだ。

 〇秀岳館(熊本)6−4横浜(神奈川)●(11日・甲子園、1回戦)

 秀岳館が川端、田浦の継投で逃げ切った。一回に犠飛と広部、田浦の連続適時長短打で3点を先取した。三回は広部の三塁打を足場に追加点。七回は代打・橋口の右前適時打で2点を加えた。先発・川端は直球に切れがあり、6回1失点。横浜は七回に福永の3ランで2点差に迫ったが、序盤の失点が最後まで響いた。

 秀岳館・鍛治舎巧監督 川端の130キロ台のカットボールはなかなか打ち崩せない。(代打の橋口は)難しい場面でよく打ってくれた。

 横浜・平田徹監督 塩原の先発は、秀岳館には右投手の方が配球しやすいと考えた。相手の川端投手は球威が素晴らしかった。完敗という感じ。