世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、具志堅用高が持つ世界王座13連続防衛の男子の日本記録に挑む山中慎介(帝拳)が13日、京都市内で記者会見し「足も使いながらタイミングを見て強く打ち込むだけ。KOで終われば一番良い」と抱負を語った。

 山中は「夏場の厳しい時期の調整だったが最高の状態に持ってこられた」と順調ぶりをアピール。WBCは山中が勝利した場合、記念の特製チャンピオンベルトを授与する予定で「積み重ねてきた結果を評価していただけるのはうれしい」と感謝した。

 挑戦者の同級1位、ルイス・ネリ(メキシコ)は「最初から前に出てプレッシャーをかけたい。パンチ数を多くしたい」と力を込めた。【坂本太郎】