○西武6−3ロッテ●(13日、ゾゾマリン)

 西武が逆転勝ち。九回に栗山の右犠飛で同点とし、炭谷の左前適時打や金子侑の左翼線適時二塁打などで試合を引っ繰り返した。2番手以降が無失点に抑え継投も決まった。ロッテは3番手の益田が4安打を浴びるなど踏ん張れなかった。