○オリックス4−2日本ハム●(札幌ドーム・17日)

 オリックスが延長戦を制した。五回に山崎勝の適時二塁打で同点。十回、ロメロの2ランが決勝点となった。松葉が6回2失点と試合を作り、中継ぎ陣も好投した。日本ハムの打線は一回に3連打などで2点を挙げたが、二回以降は淡泊だった。