大相撲秋場所8日目の17日、豪栄道は3連敗中だった玉鷲を圧倒して1敗を守った。「中に入れて良かった」と双差しとなると前へ。さらに右ハズ押しで上体を起こして出て、何もさせなかった。7勝での折り返しには「まだまだ、これから」と表情は緩めなかったカド番大関。だが、前に出る相撲が連日続き「内容は良くなってきている。自分のやることをしっかり決めて集中して実践したい」と好感触も口にした。